• HOME
  • 採用情報|社員インタビュー・一日のスケジュール/営業職

社員インタビュー・一日のスケジュール/営業職

ニーズに合わせた
最適な提案をしています

西元 勇也

平成22年4月1日入社 鹿児島高等学校 卒業
鹿児島国際大学経済学部経営学科 卒業

社員インタビュー

現在のお仕事を教えてください。

主にルート営業・提案営業をしています。お客様のところを回り、コミュニケーションを通じて、求めていらっしゃることやお困りのことを聞き、それをもとに様々な商品の提案をします。その為、日々たくさんのお客様と関わっています。商品をご注文頂ければ、発注、納品、そして集金をします。これがひとつの仕事のサイクルです。

どのような商品を提案されているのですか?

営業一部のお客様は鉄工所や食品工場、造船所や半導体・電子部品工場など多岐にわたります。日々使われる消耗品や、工場内の溶接ロボットやクレーンなどの機械、照明やベルトコンベアなどの設備をニーズに合わせて提案し、販売しています。
最近は「ものづくり補助金」や「省エネ補助金」も活用し、補助金導入のノウハウをお伝えしながら新しい機械や設備を提案しています。

商品知識に加え、補助金などについても勉強もされるんですね。

主にメーカーから情報を得て勉強することが多いです。商工会議所へ相談をしたり、説明会に出席することもあります。

仕事をしていてつらいこと、楽しいことはありますか?

経験年数の浅い頃、お客様から「頑張りが足りない」「対応が遅い」などと叱責を頂くことがありました。その時、自分としては一生懸命やっているつもりだったので、とてもショックを受けました。その後、めげずに誠意をもって努力を続けた時にお叱りを受けたお客様から認めて頂く機会がありました。この時の言葉は嬉しい記憶として今でも鮮明に覚えています。

営業の仕事を他の人に勧めますか?

勧めます。確かに大変なこともありますが、頑張った分、きちんと結果として表れる仕事です。先輩方と比べるとお客様との信頼関係はまだまだですが、お客様から「こいつじゃないと駄目だ!」と言ってもらえるような営業マンになれるように頑張ります。

お客様から「信頼」を得るために気を付けているところはありますか?

嘘をつかない、誠実な対応をするように気を付けています。加えて、要望に対してはとにかく一生懸命取り組んで、実現できるように努めています。

サツマ酸素工業とはどのような会社だと思いますか?

72年の歴史とともに、古くからのお客様や大口ユーザーをたくさん抱える、地元に深く根付いた会社だと思います。一方で、来年には新社屋が完成します。さらに近年は働き方改革にも取り組んでおり、時代の変化に沿った対応をとっている会社ではないかと感じます。

お休みの日は何をされていますか。

最近子どもが産まれたので一緒に過ごすことが多いです。奥さんと家族三人で近所を散歩したり、パンを買って公園で食べたりします。趣味のバスケの練習や釣りにも行きますね。

お休みはきちんと取れますか?

休みはしっかりとれています。休日にお客様から要望があった時は他の社員が対応し、チームワークでカバーしています。

これから、どんな仲間と一緒に働きたいですか?

やる気のある人、素直で元気な人と一緒に仕事をしたいですね。今後もさらに売り上げを伸ばし、大きな会社にしていきたいと思っていますので、若い人たちと力を合わせてサツマ酸素工業を盛り上げていきたいです。

一日のスケジュール

6:30 起床
7:30 自宅出発
8:00 出社・メールチェック
8:25 ラジオ体操
8:30 全体朝礼・掃除・車両点検(曜日により異なる)
9:00 各仕入先へ見積り依頼・価格交渉・見積り内容の確認
お客様へ見積り回答・見積り内容のご説明・提案
仕入先へ注文書のFAX
倉庫にて納品準備、伝票作成、納品作業
集金
17:00 各キャンペーン中であればキャンペーンのPR等
(上記活動内容は基本的に個人でその日その日予定を段取りする。
どこに、何を販売する等は定められていない為非常に自由な営業スタイルである。)
17:15 仕入納品書、売上伝票、その他事務処理
18:30 日報メール報告
18:45 帰宅
19:00 娘をお風呂に入れ、ミルクをあげて寝かしつける
20:00 嫁と夜ご飯を食べる
21:00 家事を行ったり、テレビを観たりゆっくり過ごす
(週に1回は社会人バスケットの練習へ行く)
23:00 就寝

社員インタビュー・一日のスケジュール