ISO9001・14001への取り組み

品質方針

各種高圧ガスの持つ社会的有用性、公共性を社員一人一人が深く認識し、
限りない品質向上の為に創意、努力を惜しまず前進する。

品質管理・保証の世界共通規格
「ISO9001」を認証取得

環境マネジメントシステム規格
「ISO14001」を認証取得

環境方針

ガスエネルギー供給を中核事業とする当社は、地域環境にやさしい事業活動を実践することがその使命であり、存続、発展の基本条件であることを全員が理解し、よりよい地域環境の創造のために汚染の予防及び継続的改善に努める。

【環境保護に対する約束】

  • 1)持続可能な資源の利用に向けて、省資源・省エネルギーの推進を行う。
  • 2)気候変動の緩和に向けて、地球温暖化やオゾンの層破壊を防止するよう取り組む。 特にフロンガスの回収・再生・破壊については、当社の主力製品である事に鑑み、徹底してその必要性、有効性を広くアピールし、地球温暖化オゾン層破壊の防止に努める。 

上記の品質方針、環境方針を達成するために、下記の事項を約束する。

  • 品質・環境マネジメントシステムを継続的に改善する。
  • 顧客の要求事項、法的要求事項、JIS Q 9001・14001規格の要求事項、及び自社文書に定めた要求事項を順守する。
  • 品質方針・環境方針を、品質目標・環境目標へと展開し、その目標を達成できるよう管理を行う。
    • 2017年10月01日
      サツマ酸素工業 株式会社
      代表取締役社長 内 村  武 志